森伊蔵 もりいぞう
魔王 まおう
村尾 むらお
スポンサードリンク

焼酎とは・・・

一昔前ブームとまで騒がれた「焼酎しょうちゅう)」


さて、その「焼酎」であるが、焼酎とは酒類のうち蒸留酒の一種であり、かつては酒税が政策的に安くされたことで古くから愛飲されてきた大衆酒。

日本国内では酒税法によって種別基準が定められており、税法上においては連続蒸留しょうちゅう(旧甲類)と単式蒸留しょうちゅう(旧乙類)に分けられている。(2006年5月1日酒税法改正)


連続蒸留しょうちゅう(旧甲類)

一般に糖蜜等を原料とした発酵液をもとに、連続蒸留器で蒸留して高純度エチルアルコールを生成し、これに加水したもの。

低コストでの大量生産に適するため、廉価な酒として飲まれる。
大型ペットボトルや紙パック容器を用いて販売される。

手を加えて飲まれることも多く、チューハイなどのベースや、リキュールの材料にしばしば用いられる。梅酒などの果実酒づくりに用いられる「ホワイトリカー」もこの甲類焼酎である。

アルコール度数36%未満(日本の税法上による)


単式蒸留しょうちゅう(旧乙類)

単式蒸留器で蒸留して作る焼酎で、日本在来の伝統的な酒類で、米、麦などを主な原料としている。

連続蒸留しょうちゅうは大企業で大量生産されるのに対し、
単式蒸留しょうちゅうは地方で作られることが多い。

アルコール度数45%以下(日本の税法上による)

焼酎乙類の主流は「もろみ取り焼酎」であり、以下のようなバリエーションがある

米焼酎
麦焼酎
芋焼酎
黒糖焼酎
そば焼酎
泡盛


wikipediaより スポンサードリンク
| 焼酎

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。