森伊蔵 もりいぞう
魔王 まおう
村尾 むらお
スポンサードリンク

芋焼酎 森伊蔵を手にいれる方法

芋焼酎 森伊蔵を手にいれる方法


「森伊蔵、百年の孤独、伊佐美…。勢い衰えない焼酎ブームの中、一部で”幻の焼酎”とも
称される商品は、個人愛好家にはますます入手困難な状況になっている。

なかでも最たるものは、現在の焼酎ブームの立役者的な存在である森伊蔵だ。
そこで、「どうしたら森伊蔵を入手できるか?」その方法を調べてみた。


まずはデパート。残念ながら蔵元と直接取引があるのは、東京の日本橋高島屋と
玉川高島屋の2店のみ。ここでも、あまりの人気のため”来店して抽選”という方式
がとられている。手順は以下の通り。2店とも、毎月1日〜7日の間、焼酎売り場に
て応募用紙をもらって申し込む。その月の10日前後にハガキで通知。その月の
20日〜27日の間にハガキ持参で行けば、めでたく入手できる。価格は、1升
3000円。4合2570円。倍率は、「だいたい10倍以上」とのことだった。

次に、酒販店。こちらは、地元鹿児島から東京まで、等しく同じ。
つまり、「簡単に安心価格で入手するのは、ほぼ無理な状況」だ。

もし店頭で見つけても法外に高かったりする。さらに、安心価格の販売店
でも、「行けばすぐに買える」ところはまずないと考えたほうがいい。

あえて酒販店で買うコツをあげるとすれば、「味ノマチダヤ」「横浜 君嶋屋」
「六條名酒館 タキモト」など蔵元と直接取引している特約店、および安心
価格の取扱店にマメに通うこと。どこの取扱店でも、横流し目的の
ブローカーではない個人愛好家には、「なんとかして飲ませて差し上げたい」
と苦心工夫している。ちなみに特約店の価格でも、蔵元からの送料の
関係で地方によって多少の差あり。東京なら3000円前後が目安だ



以上、「dancyu」7月号

「幻の焼酎、森伊蔵を手に入れるには?」から記事を掲載致しました。 スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。