森伊蔵 もりいぞう
魔王 まおう
村尾 むらお
スポンサードリンク

森伊蔵 もりいぞう という芋焼酎とは

森伊蔵720ml森伊蔵1800ml


芋焼酎 森伊蔵もりいぞう


プレミア焼酎の代名詞である、本格芋焼酎森伊蔵」は、「魔王」「村尾」と合わせて「3M」と呼ばれる「幻の焼酎」として知られる芋焼酎のブランド。

森伊蔵の生産元は、鹿児島県垂水市の酒造メーカー・森伊蔵酒造より発売されている。

プレミア焼酎の代名詞である本格芋焼酎「森伊蔵」は、店頭販売はほとんど行っておらず、その生産量も限定であり、電話で申し込まれ毎月抽選が行われるが、

その倍率は最大で1,000倍にもなるためその稀少性からインターネットオークションで芋焼酎森伊蔵の偽造品が出回る問題が発生したほどである。

本格芋焼酎森伊蔵非公式サイトの「森伊蔵メールhttp://moriizou.client.jp/

では、芋焼酎森伊蔵のお知らせメール配信を無料で実施している。

芋焼酎 森伊蔵 もりいぞう の入手方法

極上森伊蔵720ml森伊蔵 日本航空・国際線機内限定販売用720ml


芋焼酎 森伊蔵入手方法

(※)未成年、転売目的の方の購入は固くお断りします


森伊蔵酒造は電話による抽選販売を実施。

 毎月15日から25日までに固定電話もしくは携帯電話から申し込む。

 翌月1日から14日までに申し込みをした電話で結果確認する。

 森伊蔵お知らせメールが受けられる。


高島屋の店頭で抽選販売を実施。

 詳細は各店舗で要確認。

山形屋の店頭で抽選販売を実施。

 詳細は各店舗で要確認。

赤塚屋百貨店の店頭で抽選販売を実施。

 詳細は不明。

JAL限定の機内販売(森伊蔵JAL限定720ml)

 国際線で3月から4月の期間限定で購入できる

芋焼酎 森伊蔵 もりいぞうの由来

森伊蔵の由来

本格芋焼酎森伊蔵もりいぞう)」の裏ラベルにその由来が伺える


〜「森伊蔵もりいぞう)」裏ラベルより〜


「かめ壺焼酎森伊蔵は、初代より受け継いだ技で、契約栽培のさつまいもを昔ながらのかめ壺でじっくりと熟成発酵させた焼酎です。

甘味のあるまろやかな味わいは、蔵元として自慢の焼酎です。五代当主」と書いてある。

焼酎の銘柄で、人名をブランド名にするはしりでもあった。

かつての銘柄は「錦江」。

このラベルもいくつかの変遷を経ている。

最初は「契約栽培」ではなく「有機栽培」だった。


出典先−wikipedia−


本格芋焼酎森伊蔵の由来

芋焼酎 森伊蔵 もりいぞうの種類

new.jpg


森伊蔵もりいぞう)の種類

森伊蔵 1800ml

森伊蔵金ラベル)  720ml

森伊蔵JAL限定) 720ml 
 ※海外便の全クラスで3月から4月の期間限定で購入できる。
  1本3,000円

極上森伊蔵 720ml 熟成3年(かつては「極上の一滴」としていた)

森伊蔵は予約しても入手が困難なため、JALを利用する予定の方はこの機会に森伊蔵を入手してみてはいかがでしょうか?

森伊蔵 もりいぞう 幻の芋焼酎

森伊蔵 もりいぞう 「楽酔喜酒 長期熟成1996」


森伊蔵 もりいぞう 「楽酔喜酒 長期熟成1996」

森伊蔵はもっとも手に入りにくいといわれている芋焼酎のひとだが、

それ以上に手に入りにくいのが、

森伊蔵 もりいぞう 「楽酔喜酒 長期熟成1996」

蔵元の森伊蔵酒造(鹿児島県垂水市)では、10年前から長期熟成に取り組んできたが、今回初めて蔵出ししたという。

 昨年の12月、高島屋で限定販売されたが販売数量は限定1000本。

価格は通常の「森伊蔵」(1・8リットル、3150円)を大きく上回る3万8000円。

 「森伊蔵」は無農薬有機栽培した「黄金千貫」というサツマイモを使用して、手作業で仕込んでいる。

もともと生産量が少なく、味もよいことから、焼酎ファンにとって、垂涎(すいぜん)の的になっている。

高島屋では、通常の森伊蔵も入荷時に抽選販売しているが、毎回20倍以上の倍率になるとか。

芋焼酎 森伊蔵を手にいれる方法

芋焼酎 森伊蔵を手にいれる方法


「森伊蔵、百年の孤独、伊佐美…。勢い衰えない焼酎ブームの中、一部で”幻の焼酎”とも
称される商品は、個人愛好家にはますます入手困難な状況になっている。

なかでも最たるものは、現在の焼酎ブームの立役者的な存在である森伊蔵だ。
そこで、「どうしたら森伊蔵を入手できるか?」その方法を調べてみた。


まずはデパート。残念ながら蔵元と直接取引があるのは、東京の日本橋高島屋と
玉川高島屋の2店のみ。ここでも、あまりの人気のため”来店して抽選”という方式
がとられている。手順は以下の通り。2店とも、毎月1日〜7日の間、焼酎売り場に
て応募用紙をもらって申し込む。その月の10日前後にハガキで通知。その月の
20日〜27日の間にハガキ持参で行けば、めでたく入手できる。価格は、1升
3000円。4合2570円。倍率は、「だいたい10倍以上」とのことだった。

次に、酒販店。こちらは、地元鹿児島から東京まで、等しく同じ。
つまり、「簡単に安心価格で入手するのは、ほぼ無理な状況」だ。

もし店頭で見つけても法外に高かったりする。さらに、安心価格の販売店
でも、「行けばすぐに買える」ところはまずないと考えたほうがいい。

あえて酒販店で買うコツをあげるとすれば、「味ノマチダヤ」「横浜 君嶋屋」
「六條名酒館 タキモト」など蔵元と直接取引している特約店、および安心
価格の取扱店にマメに通うこと。どこの取扱店でも、横流し目的の
ブローカーではない個人愛好家には、「なんとかして飲ませて差し上げたい」
と苦心工夫している。ちなみに特約店の価格でも、蔵元からの送料の
関係で地方によって多少の差あり。東京なら3000円前後が目安だ



以上、「dancyu」7月号

「幻の焼酎、森伊蔵を手に入れるには?」から記事を掲載致しました。

森伊蔵 もりいぞう 電話抽選のコツ!

森伊蔵 もりいぞう 電話抽選コツとは・・

今月もまた15日から森伊蔵の電話抽選がスタートしていますが、なかなか繋がらないという声を沢山ききます。

電話が繋がらなければ、抽選に申し込むこともできないですね?

ではいったいどの時間であれば繋がるのでしょうか?


時間帯によって繋りやすい時間がありましたので報告いたします。

色々と時間を変えて試した結果、午前4時30分前後が一番繋がりました。

これは携帯電話、固定電話両方とも同じとのこと・・・

深夜から早朝にかけての時間帯ですが、誰もやっていないところにチャンスがあるのかもしれないですね!

皆さんも、ちょっと早起きして3文の得をとってみてはいかがでしょうか?


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。