森伊蔵 もりいぞう
魔王 まおう
村尾 むらお
スポンサードリンク

本格焼酎とは・・

本格焼酎とは・・

「本格焼酎」という名前の由来は、元々1957年に霧島酒造(宮崎県都城市)の社長であった江夏順吉が発案したものであるといわれている。

2002年11月1日に基準が強化されて、本格焼酎と名乗るときは下記の基準を満たす必要がある。


・原料に穀類ないしは芋類を使用する

・原料に清酒の粕を使用している

・米麹、水および政令で定められた砂糖を使用している(黒糖焼酎)

・上記に該当しない場合は、穀類もしくは芋類と穀類麹もしくは芋類麹が、水を除いた原料の50%以上の重量を占めている


なお、「焼酎乙類」で良い場合は特に材料は制約されない
| 焼酎

泡盛

泡盛沖縄県の特産品として有名な焼酎である。

泡盛はを原料として、黒麹菌(アワモリコウジカビ)を用いた米麹である黒麹によって発酵させたもろみを蒸留した蒸留酒である。

原料の米は、インディカ米を用いており、主にタイ産の砕米が使用されている。

法制上、泡盛自体は日本全国で製造することが出来るが、「琉球泡盛」という表示は世界貿易機関 (WTO)のTRIPS協定に基づいて沖縄県産の物のみに認められている。

なお、泡盛を3年以上寝かしたものを古酒(クース)といい、寝かせるとコクや独特の香気が出て旨くなり珍重されている。


wikipediaより
| 焼酎

そば焼酎

そば焼酎の味わいは麦焼酎より更に軽く癖が少ない。

そば焼酎はその名の通りソバを主原料とする焼酎。

1973年宮崎県五ヶ瀬町の雲海酒造が山間部での特産品であるソバを原料に取り上げ新たに開発したのが発祥。

以後、各地の焼酎メーカーで広く作られるようになった。

なお、そば焼酎は、との混和タイプも含めて作られている。


wikipediaより
| 焼酎

黒糖焼酎

黒糖焼酎は、口当たりは比較的柔らかく癖が少ない。
原料から想像されるほどに甘味は強くない。

奄美諸島では江戸時代から第二次世界大戦以前まで、泡盛黒糖酒(黒砂糖原料の蒸留酒)が製造されていた。

しかし、戦後の米不足により泡盛の原料に事欠く一方、黒砂糖は日本本土に移出できず余剰だったことから、黒糖酒が多く作られるようになった経緯がある。

以後、黒糖焼酎は奄美地方でしか製造できない特産品となって現在に至っている。

現在、奄美地方では泡盛は製造されておらず、黒糖酒は与論島以外の奄美諸島全域で製造されている。


wikipediaより
| 焼酎

芋焼酎

芋焼酎の味は、かなり濃厚でしばしば独特の臭みがあるため、地元以外では好き嫌いが分かれるが、匂いを抑えたものも作られている。

芋焼酎は江戸時代から南九州で広く栽培されているサツマイモを原料としており、鹿児島県宮崎県で広く飲まれている。

芋焼酎鹿児島県宮崎県のみで生産されていたが、近年の焼酎ブームにより、現在では日本各地で地元のサツマイモを使用した芋焼酎が生産されるようになってきている。

なお、鹿児島で生産される『薩摩焼酎』は世界貿易機関 (WTO) のTRIPS協定に基づく産地表示の保護指定を受けている。

焼酎ブームの火付け役となった「森伊蔵 もりいぞう」「魔王 まおう」「村尾 むらお」も芋焼酎の仲間である。


wikipediaより
| 焼酎

麦焼酎

麦焼酎は一般に米焼酎より癖が少なく、飲みやすいと言われる。

二毛作によって作られるを原料とした物と考えられる。

大分県長崎県壱岐などが麦焼酎の有力な主産地である。

壱岐焼酎は世界貿易機関 (WTO) のTRIPS協定に基づく産地表示の保護指定を受けている。

なお、大分麦焼酎は地域団体商標として登録されている。



wikipediaより
| 焼酎

米焼酎

日本酒同様を原料とし、味はやや濃厚。

米焼酎は戦国時代から作られていた記録があり、日本酒を造るには温暖過ぎる地域で発達したものと見られる。

米焼酎は熊本県が名産地として知られ、特に人吉盆地で作られる球磨焼酎は世界貿易機関 (WTO) のTRIPS協定に基づく産地表示の保護指定を受けている。

なお、日本酒の名産地(秋田県新潟県等)でも米焼酎が生産されている。


wikipediaより
| 焼酎

焼酎とは・・・

一昔前ブームとまで騒がれた「焼酎しょうちゅう)」


さて、その「焼酎」であるが、焼酎とは酒類のうち蒸留酒の一種であり、かつては酒税が政策的に安くされたことで古くから愛飲されてきた大衆酒。

日本国内では酒税法によって種別基準が定められており、税法上においては連続蒸留しょうちゅう(旧甲類)と単式蒸留しょうちゅう(旧乙類)に分けられている。(2006年5月1日酒税法改正)


連続蒸留しょうちゅう(旧甲類)

一般に糖蜜等を原料とした発酵液をもとに、連続蒸留器で蒸留して高純度エチルアルコールを生成し、これに加水したもの。

低コストでの大量生産に適するため、廉価な酒として飲まれる。
大型ペットボトルや紙パック容器を用いて販売される。

手を加えて飲まれることも多く、チューハイなどのベースや、リキュールの材料にしばしば用いられる。梅酒などの果実酒づくりに用いられる「ホワイトリカー」もこの甲類焼酎である。

アルコール度数36%未満(日本の税法上による)


単式蒸留しょうちゅう(旧乙類)

単式蒸留器で蒸留して作る焼酎で、日本在来の伝統的な酒類で、米、麦などを主な原料としている。

連続蒸留しょうちゅうは大企業で大量生産されるのに対し、
単式蒸留しょうちゅうは地方で作られることが多い。

アルコール度数45%以下(日本の税法上による)

焼酎乙類の主流は「もろみ取り焼酎」であり、以下のようなバリエーションがある

米焼酎
麦焼酎
芋焼酎
黒糖焼酎
そば焼酎
泡盛


wikipediaより
| 焼酎

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。